お店紹介

miyakagu

Author:miyakagu
ミヤカグ
〒731-5106
広島市佐伯区利松3丁目5-19
TEL:082-928-1133
FAX:082-928-1131

雑貨・家具・工房
営業時間: 10:00~18:00
OPEN:月・水~日 +祝日
(火曜は定休)
>>お店紹介のページへ

facebookもよろしく!
facebokには、ナチュラルインテリアのイメージが膨らむような写真を随時アップしています。
カテゴリー
Flashカレンダー
最近の記事
こちらもよろしく
最近のコメント
月別アーカイブ
チームMIYAKGU(作家さん)紹介
ミヤカグでハンドメイド雑貨を委託販売してくださっている作家さんの紹介です♪

sunnyday3さん 布小物
硝子の森・千秋さん ガラス小物
いくこ・ぽよんちゃん トールペイント
shiawase no tane*・チポリンさん 布製品
NISHIさん ドライフラワーリース
■MOCOさん ステンドグラス
■Vanilla Creamさん ママと子供の服 
■**Jule**さん 紙バンド手芸
■Linen lifeさん 麻ひもBAG ほか 
■Happy Drop・アヤさん 消しゴムハンコ
■松本満世さん ビーズアクセサリー
natural craftさん ドライフラワーリース
COBUさん 紙デザインもの
Yuriさん(クレイ工房サラ) 粘土クラフト
■ちゅんちゃんさん ドアサイン・フレーム
Factory Fさん 大人服
■里呼織り工房 鶴さん 織物と布小物 
■レース編み 
■メのん+さん レース編み小物・フェルト小物・刺繍ほか 
more-grainさん 木工品
■happy smileさん 編みぐるみ・帽子 
sweet Dさん マホガニー小物
toneさん 革小物
ハチミツ手芸店さんベビー雑貨・紙バンド・ほか
■カメラマン福角さん ロケつき写真集 
NaturalMintさんワイヤー雑貨・オーブン粘土作品ほか
手作り石鹸工房いといとせっけん
renoaアートフレームなど
アトリエREIレイ手描き具積み木
satoko男の子服
むぎっこさをり織り
clemmieリバティ小物
45fアーティフィシャルフラワー
■ちいさないちにち キーホルダーなど手作りチャーム
■SAO クレヨン画

おすすめサイト
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
えぐって 揉んで かませて ひわって
今日のブログタイトル、
なーんとなく、エッチぃ感じが・・・

でも、そんな話題じゃないですよ。

今日は、ミヤカグのランチミーティングの話です。


ランチミーティングって言ったら
なんかおっしゃれ~ な感じですが、
ただ単に、弁当時間の会話 の話です。

ミヤカグはご存じ木工所。
最近はちょっとかっこつけて 「インテリアショップ」 って名乗ってることもありますが
本来の姿は
宮本家具工業所 ってだけあって「木工所」です。

なので、お昼の弁当時間には私も工房の職人さんたちと一緒に食べます。
で、どんな会話がとびかっているかというと・・・。


揉んで 
かませて 
ひわって
えぐって
はつって
吹いて 


って感じ。
決してエロネタじゃないですよ~。


オーダー家具っていうのは当たり前ですが
一個一個、オーダーいただくたびに、状況が違うわけで
それを、自然の素材である「木」をいかに上手に使って
設計して作るのか、という知恵が必要になります。
最近とても多くさせていただいている家具の修理もしかり。


あの家具、どういゆうふうに作ろうかなぁっ、直そうかなぁってことが常に頭にある職人さんたち。
ごはん食べながら、ラフに手書きした図面を真ん中にして交わす会話は

ここ、ちょっとえぐってかませて・・・
裏から揉んで・・・
色合わせてふいて・・・
それじゃ、ひわるで~

っていうふうな感じ。



毎日のことなのでそんな専門用語?にもだいぶ聞きなれてきましたが
いまだに一番謎なのは

なんで、ビスは揉む っていうんでしょう?


釘は打つ だけど ビスは揉む 



一般人は、ビスをもむ なんて言葉つかいませんよね~?
最初聞いたときすごく耳慣れない感じがしたのを覚えています。

ビスは「とめる」ものですよねっ。


ふっと疑問に思ったんですがこれって木工所特有の言い回しでしょうか?
それとも
大工さんも ビスは揉むって言うんですかね?

どなたかご存じの方、おられましたら教えてください。


今日はランチミーティングなんてオシャレな言葉とはほどとおい、
木工所の弁当時間のお話でした!



↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪




お店日記・雑貨 | 【2011-05-14(Sat) 18:27:43】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
「錐を揉む」って言うのは昔からあるような気がします。
その流れでビスも「揉む」って言うんじゃないかなー。
ちなみに大工さんも、木ねじ(ビス)は「揉む」です。
もちろん、おっぱ(以下自粛)
2011-05-14 土 18:50:37 | URL | 六郎(ROKUx) #HZ3qD0i6 [ 編集]
こんにちはHOLONのダンナです!
どうしても気になったので...。
私の考えですが(^_^;)

ビスの形状ですが
ビスはネジですよね
らせん状になってます。

釘は打ち込む。
ビスは回って入り込む。

昔はマイナスの頭の真鍮製など、頭がつぶれやすいビスが多かったですね。

そのビスを閉める道具です

今は便利な電動工具(インパクトドライバー)で太く長いビスも
振動を加えながら締めつけます。

昔は手回しのドライバーやラチェット、クランクの手で使う工具でした。

手で押さえてまわしながらネジを締めつける。

位置や材料ががずれたり、割れたりしないよう押さえながらゆっくりと確実に回し締め付ける。


手の平を上から下に=殴るですよね
手の平をグー、パー、グー、パー=握る
手の平で押さえながら回す=揉む

ビスを手工具で締める時
手で材量を抑え、ビスと工具を握り、押さえたまま回し込む
『ビスを揉む』

じゃないんですかね...。たぶん(^_^;)

あぁ~気になるぅ~
2011-05-17 火 08:51:05 | URL | 雑貨職人 #LwXc9z1I [ 編集]

六郎さんへ
大工さんもやはりビスはもむんですね!
あと、ついでに
私ずっと、木ねじって木でできてると思ってたんですよ(汗)
さすがに去年、建築士の試験の時に、どうやらビスのことだと気付きました。
六郎さんもやっぱり、おっぱ(以下略www)

>雑貨職人さんへ
おっと同業者!
手の平で押さえながら回す=揉む

なるほどなるほど。。。

あと、この記事を書いた後に、職人さんたちの会話をちょっと気にして聞いていて気付いたんですが、

ビスをもむ も言うんですが

ビスでぬう とも言ってますね!
なんか、裁縫みたいですよね~・・・

雑貨職人さんもやっぱり、「裏からぬっとこう」
みたいな使い方されますか?

2011-05-18 水 10:57:35 | URL | ミヤカグ 松本 #2EzuRiRE [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。