お店紹介

miyakagu

Author:miyakagu
ミヤカグ
〒731-5106
広島市佐伯区利松3丁目5-19
TEL:082-928-1133
FAX:082-928-1131

雑貨・家具・工房
営業時間: 10:00~18:00
OPEN:月・水~日 +祝日
(火曜は定休)
>>お店紹介のページへ

facebookもよろしく!
facebokには、ナチュラルインテリアのイメージが膨らむような写真を随時アップしています。
カテゴリー
Flashカレンダー
最近の記事
こちらもよろしく
最近のコメント
月別アーカイブ
チームMIYAKGU(作家さん)紹介
ミヤカグでハンドメイド雑貨を委託販売してくださっている作家さんの紹介です♪

sunnyday3さん 布小物
硝子の森・千秋さん ガラス小物
いくこ・ぽよんちゃん トールペイント
shiawase no tane*・チポリンさん 布製品
NISHIさん ドライフラワーリース
■MOCOさん ステンドグラス
■Vanilla Creamさん ママと子供の服 
■**Jule**さん 紙バンド手芸
■Linen lifeさん 麻ひもBAG ほか 
■Happy Drop・アヤさん 消しゴムハンコ
■松本満世さん ビーズアクセサリー
natural craftさん ドライフラワーリース
COBUさん 紙デザインもの
Yuriさん(クレイ工房サラ) 粘土クラフト
■ちゅんちゃんさん ドアサイン・フレーム
Factory Fさん 大人服
■里呼織り工房 鶴さん 織物と布小物 
■レース編み 
■メのん+さん レース編み小物・フェルト小物・刺繍ほか 
more-grainさん 木工品
■happy smileさん 編みぐるみ・帽子 
sweet Dさん マホガニー小物
toneさん 革小物
ハチミツ手芸店さんベビー雑貨・紙バンド・ほか
■カメラマン福角さん ロケつき写真集 
NaturalMintさんワイヤー雑貨・オーブン粘土作品ほか
手作り石鹸工房いといとせっけん
renoaアートフレームなど
アトリエREIレイ手描き具積み木
satoko男の子服
むぎっこさをり織り
clemmieリバティ小物
45fアーティフィシャルフラワー
■ちいさないちにち キーホルダーなど手作りチャーム
■SAO クレヨン画

おすすめサイト
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
学習机、自分たちで作ったよ!
先日、学習机の納品に行ったときに撮らせていただいた写真 パチリ☆

友利さま
10634228_706354239413688_431773572_n_201411211335072d4.jpg

Tさま
10612639_381897061969398_2370000076993340194_n_20141121133506438.jpg

実はこのデスク、自分たちで作られたものなんです。

この二家族、ご近所さんで仲良しなんだそうで
木工教室もうまく日にちがあってご一緒に参加で、楽しんでいただきました。

ちゃんと自分たちの手で製作されたという証拠写真です ↓↓
730531_706343822748063_191160418_n_201411211335396c7.jpg

175---コピー

塗装と組立の二日で完成してしまうミヤカグの木工教室。
ものづくりの楽しさをお子様に伝えるにはもってこい!
自分たちの手で作ったものは、愛着もひとしお。
ずっと大切に使ってくれることでしょうね^^


友利さま、T様このたびはたくさんある家具屋さんの中から
ミヤカグのデスクを気に入ってくださりありがとうございました。
(web掲載OK重ねてありがとうございます。)


<おしらせ>
この時期、週末のミヤカグは学習机制作の木工教室で大賑わいです。
本当に素人でも作れるのかどうか、木工教室の様子を見てみたい!
といわれる方は土日の午前中にぜひいらしてください。
スタッフにお声かけいただければ、工場にご案内し、木工教室の様子をご覧いただけます。


早期フェア特典をチェック ↓↓ クリック ↓↓
フェア特典をチェック 2014 早期

    ↓↓ クリック ↓↓                ↓↓ クリック ↓↓
ココが違う安心サービス

   
 カタログ無料請求↓↓ クリック ↓↓       木工教室詳細↓↓ クリック ↓↓
カタログ請求木工教室ご案内



>>お問い合わせTEL 082-928-1133 10時から18時 火曜定休
当店のデスクは、普通の家具屋さんにくらべていろいろわかりにくいと思いますので
お気軽にお電話でお問い合わせください。ブログ担当のワタクシ 松本 ご指名大歓迎♪
IMG_2441_20120922102714.jpg




おまけ☆☆☆★

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

101_1538_20130821154154bbc.jpg  175_20130821154249992.jpg  297a0219f3d921648327ebba8b1073e2_20130919133348aea.jpg



↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪


スポンサーサイト
ナチュラル家具Wood工房 | 【2014-11-21(Fri) 14:09:34】 | Trackback(-) | Comments(-)
カウンター下 収納 オーダー事例いろいろ。
最近、別注家具(オーダー家具)のご相談が多いです。
なかでも、特にご相談が多いもののひとつが
カウンター収納。

新築もリフォームも、対面式のキッチンがあいかわらず人気のようなのですが
その、対面の向こう側。ダイニング側、どうなっていますか?
配膳に便利なようにちょこっとものがおけるようなカウンターをつけられている方が大半でしょうか。
さらに少し大きくすれば軽食コーナーにもなる!と広め目の天板をつけられてる方も多いです。

が、 意外と。。。。
カウンターつけてはみたけど そこで食事なんてしないわぁ~↓↓って声もよく聞きます。

このデッドスペースなんとかしなくてはもったいない!! と、相談に来られるパターン非常に多し。

せっかくのダイニングからすぐに手の届く場所。上手に収納に生かしたい。
でも、ダイニングやリビングから丸見えの場所なので、適当に安っぽい収納は置きたくない。

はい、そんな時、ミヤカグの出番ですね~(笑)
オーダーなのでサイズぴったり収納したいものジャストサイズでお作りできます。
幅木やコンセントなどの場所も考慮して、お色も周囲のインテリアに合わせることができます。

というわけで
今手元にちょうどあったカウンター下収納の施工例、いくつかご紹介♪
本当はもっといろいろなパターンで作らせてもらっているのですが、カウンター下におさめた時の
写真が無いので一部しかご紹介できず残念です・・・・

10612639_381897061969398_2370000076993340194_n.jpg

no46_01.jpg

IMG_6142.jpg

佐藤1

10634228_706354239413688_431773572_n_20141116112029ad1.jpg

10419890_706343809414731_164357091_n_20141116112027872.jpg

730531_706343822748063_191160418_n.jpg

175---コピー

10676492_709588082423637_938627453_o_20141116112023c4c.jpg

よく見える場所なので、板壁にしてかっこよく! というパターンもいいと思います。
縦に貼って腰板風にしてもいい感じです。
一番下の写真はカウンター下収納ではなく、別注で作らせてもらった対面カウンターですが、
板を横に貼るのもちょっとモダンな感じでオシャレですよね♪

福原様板壁-(2)

№308-(3)


★★ 雑貨も家具も10%オフのXmasセール開催中です!
 >>クリスマスフェアの詳細はこちら

★★ 学習机フェアも同時開催中♪♪
 
 カタログ無料請求↓↓ クリック ↓↓       木工教室詳細↓↓ クリック ↓↓
カタログ請求木工教室ご案内




おまけ☆☆☆★

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

101_1538_20130821154154bbc.jpg  20141117152332b26.jpg  297a0219f3d921648327ebba8b1073e2_20130919133348aea.jpg



↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪

ナチュラル家具Wood工房 | 【2014-11-17(Mon) 15:27:19】 | Trackback(-) | Comments(-)
オイル塗装とウレタン塗装の違い  <ダイニングテーブルをオイル塗装はどう?>
ミヤカグで販売している家具は基本、オイル塗装(=オイル仕上げ)をお勧めしております。
実際、うちのお客様は95%以上の方がオイル仕上げで購入されております。

オイル塗装にはメリットも沢山ある一方、デメリットも実際あります。
ウレタン塗装との比較を書いてみますので、もしも今、ミヤカグの家具をご検討くださっているなら
これから先、オイル塗装の家具と長いお付き合いをされる前に、ぜひ、読んでみてください^^

生活スタイルによってはオイル仕上げのデメリットのほうが気になるという方には
もちろんウレタン仕上げも承りますので、ご相談ください。


オイル仕上げ
・・・オイル仕上げは木の表面に植物油を薄く塗りこむ塗装方法です。
  まったくの純粋な植物オイルを使ってもいいのですが、乾きやすく塗りやすく加工してある
  ドイツ製のものなど(主にはオスモカラー)をミヤカグでは使用しています

<オイル仕上げメリット>
・表面を膜で覆っていないので手触りが
 木のそのまま!(これが一番のメリット!)
・木が呼吸するかのように部屋の調湿をする
・有害な化学物質を含まない
・使うほどに味がでる
・へこみやすいが、戻りやすい
・再塗装が容易で自分でできる
・何年たっても劣化で塗装がはげることはない(だって塗膜を作っていないですもん)

<オイル仕上げデメリット>
・塗膜がないので、急激な乾燥などで割れ や反りが発生することもある
・しみや汚れがつきやすい
 ほとんどの汚れはすぐに拭き取れば問題ありせんが、濡れたスチール缶と赤ワインだけは要注意!
・数年に一度はオイルの塗りたしが必要


ウレタン仕上げ
・・・木の表面にウレタン樹脂という薄く透明な膜を作る塗装方法です。 
  既成の量産家具はほとんどがこの塗装方法です。
  その他UV塗装などもウレタン塗装を強くしたような性質で樹脂で塗膜を作ることには変わりありません。

<ウレタン仕上げメリット>
・表面に硬い膜をつくるので汚れやしみが
 付着しにくい
・定期的なメンテナンスの必要なし
・木の呼吸を抑制するので
 割れや反りが発生しにくい


<ウレタン仕上げデメリット>
・オイル仕上げに比較して高価
・どんなよい木を使った家具でも触っているのはプラスチック樹脂の膜(←これが残念な点!!)
・化学物質を含む
・古くなると(20年ぐらい?)劣化により表面の樹脂がはがれてくる
・再塗装は工場持ち込みの必要あり

  
実際に、オイル仕上げの家具を使ったことのない家具屋の店員さんなんかに
「ダイニングテーブルにはオイル仕上げは向かない キズがすぐにつく 子どもがいたらやめたほうがいい」
などと言われて
不安になってうちのお店に来られる方もたくさんおられますが
実際にオイル塗装で、しかもやわらかい樹種であるパイン材のテーブルを何年も使っていて、
そして、そのテーブルで3人の子育てをしている私が断言します。

ダイニングテーブルこそ、オイル塗装をオススメします。

オイル塗装の家具は先ほど書いたメリットを享受するためには
触ってなんぼなんです。
手触りが気持ちいいのが一番のメリットです。

テレビ台やらキャビネットやら、毎日撫でまわしますか?
そんなことないでしょう?
でも、ダイニングテーブルは、毎日朝晩必ずじかに手で触れます。
なので、テーブルとかデスクとかイスとか、実際に体が触れるものこそ、おすすめしたいです。

実際、我が家がテーブルを買い替えた時、
ナラ材のウレタン塗装のもの(見た目にオイル塗装と見間違うぐらい薄い塗膜でナチュラル仕上げのもの)から
パイン材のオイル塗装のもの ⇒これ になった時に
一番喜んだのは当時まだ小さかった子供たちです。
「このテーブル、きもちいいね~ 」 と当分の間頬ずりしていましたから。

それだけ、木の手触りって気持ちいんです。

傷がつきやすい、それも事実ですが、凹みやすいかわりに直りやすい!
うちの末っ子が、まだ赤ちゃんの頃、箸をもって、テーブルの上で強く、
ぐるぐるとお絵かきのように書き殴りました。
箸の先っぽで押されて、赤ちゃんの力でもテーブルにはぐるぐる模様が無残につきました。
それでも、その部分に一晩濡れ布巾をかけておいたら、翌朝には
「あれ?どこだっけ?」と探すぐらいに、
昨夜はあんなにくっきりだった跡がうっすらになっていました。

そして、我が家の子たちはへこみやすい机を大事に使うことが身についてきますので
めったに傷つけることはありません。

時々、親の私が泣きそうなくらいひどく傷つけてくれるのは、遊びに来た子どもの友達です。
ウレタン塗装しか知らない子は、知らず知らずにひどい扱いをするんです。
薄い紙にボールペンで力強く書き殴って、そのままばっちり文字跡を付けたり。
おもちゃの車をガシガシテーブルの上を走らせて、車輪跡をつけたり。
何かの角でガンガン叩いてテーブルの角をへこましていたり。
フォークで突き刺してくれたり。

でも、どの傷も結果的には全部ほとんどわからないぐらい今では直ってますが、
それを見つけた時のショックといったら。
なので、要注意はよその子です(苦笑)

まぁ、何年も使っているとそのうち少々のことは気にならなくなり、
そっと濡れ布巾を乗せれるようになるのでその問題もクリア(笑)

でも、うちの子、暴れん坊だから・・・て場合もあるでしょう。
それなら、子どもさんがある程度大きくなられて、もう大丈夫!って時期が来たら
思い切ってメンテナンスに持ってきてくだされば、削るなりなんなりして
修復できるのが無垢のテーブルのいいところです。

こうやって、長ーくつきあっていくのがオイル塗装のテーブルです。

ついつい、長く語ってしまいましたが
オイル仕上げのメリット デメリット、少しは伝わりましたでしょうか。

工業製品ばかりでなく自然なものに囲まれて、手で触れて
ここちよい生活、おすすめします♪

そうそう、もうひとつ、ダイニングテーブルのオイル塗装 最大のメリット!
やわらかに光が反射するのでお料理がおいしく見えるんです。
これはママにとってはポイント高いメリットですね♪

1001_08_20140904140938533.jpg



おまけ☆☆☆★

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

101_1538_20130821154154bbc.jpg  175_20130821154249992.jpg  171_7104_20130821154155ddc.jpg  


↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪


ナチュラル家具Wood工房 | 【2014-09-04(Thu) 14:14:09】 | Trackback(-) | Comments(-)
工場見学に来られました
今日は、学校で木工を選択されている学生さんが、工場見学に来られました。
教育の一環として実際に家具を作っている工場やショールームを
見学させてはもらえないか。ということで
うちの会社にお声がかかり、2008年より来られています。


まずは、座っていろいろ説明を・・・
工場に入ると、機械音がすごくてなかなか声が聞こえないので
ショールームでいろいろと木工機械のこと、家具ができるまでの工程など事前説明をさせてもらいました。

2way_20140702155904a95.jpg


そして、いよいよ工場へ!

178_01_20130707110807_20140702155904f34.jpg

職人が家具の制作や修理をしている様子を実際に見ていただきました。
さすが、木工機械を使用して実際に制作をされている方たちなので
興味津々で細かいところまでご覧になっておりました。

今後の学習になにかしら一助となれば幸いです♪


ミヤカグは、せっかく工場が隣にあるインテリアショップなので
お客様にものづくりの現場を見学していただきたいと考えており
工場見学を随時おこなっております。

一枚の板から家具ができていく工程の説明・体験を対象者に合わせて
臨機応変におこなっていきたいと思っていますので、こどもさんグループから
大人グループまで、ご希望があればお問い合わせくださいませ。

 >>工場見学についてのHP

出来る限り、ご希望に沿った日時で開催したいとは思っておりますが
週末は本業の家具販売、家具配達、または家具の木工教室が忙しくて
なかなかスタッフの日程調整が難しくなっております。
(今日のように平日ならだいたいお受けできると思います)

とりあえず、きになる方はお電話くださればと思います。

おまけ☆☆☆★

ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)

101_1538_20130821154154bbc.jpg  175_20130821154249992.jpg  101_1538_20140522141424060.jpg


↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます
広島ブログにぜひ♪

ナチュラル家具Wood工房 | 【2014-07-02(Wed) 16:15:32】 | Trackback(-) | Comments(-)
パイン材の床や ログハウス、カントリー調のインテリアなどに ぴったりのウッドソファできました!
タイトルの通りなのですが。
パイン材の床や ログハウス、カントリー調のインテリアなどに ぴったりのウッドソファできました!
こういうろくろのタイプのソファ、探してもないのよね~の声にこたえて作りました!

店舗ではすでに数か月前から販売もしているのですが
なかなかネットショップに載せる準備が整わないので
ブログでご紹介しておきます。

ジャーーン!
旋盤機で職人がひとつひとつパーツを手作りしている本格ウッドソファです。
木部の色、カバーの布地選べます。
このストライプのリネン生地は、国内の機織り工場でミヤカグオリジナルで織ってもらってる生地です♪

178_01_20140417113108917.jpg
(3人掛け・布地UG7・木部塗装チーク色 197,850円)

ちょっと色の濃いカバーだとこんな感じ。
こちらはオーガニックコットンを使っています。
175_2014041711495518a.jpg
(2人掛け・布地AVB1・木部塗装ライトパイン色 159,750円)



★ 生地、木部の色はこちらから選べます。
リネンやオーガニックコットンの風合いのよい布地ばかりです。
175---コピー

もっと詳しく布地詳細や塗装色の詳細を見たい方は
 >>こちらから該当の布地をクリックして詳細ごらんください
 >>木部の塗装色はこちらから


★ サイズはこちら。
171_7104_20140417113111071.jpg


★ 気になるお値段は・・・
 1P: 123,400円(Ⅲランク) 125,300円(Ⅳランク)
 2P: 159,750円(Ⅲランク) 163,200円(Ⅳランク)
 3P: 192,900円(Ⅲランク) 197,850円(Ⅳランク)
 オットマン: 23600円(Ⅲランク)24,400円(Ⅳランク)

★ 遠方の方、送料はこちらのらくらく家財宅配便の欄を参照ください

★ こんな風にして作ってます!
 なかなか手間がかかるので納期かかります。お早目にご相談ください。
 11_20140417113110ae2.jpg

 座面はへたりにくい硬めのウレタンで、2人掛けも3人掛けも座面がひとつなので
 どの位置に座ってもすわり心地ばっちりです。
 カバーは取り外し可能なファスナーでのカバーリングなので、汚れても安心。
 色柄に飽きたら、カバーのみ注文していただけますので長く使用できます。


こちらのソファ、5月31日(土)6月1日(日)に旧市民球場でおこなわれるイベント
第1回 ロハスフェスタ in広島 に出店の際に持参しようと思っていますので
ロハスフェスタご来場の方はぜひ、かけ心地などお確かめください^^

 >>ロハスフェスタって?


上記のソファについて、気になることがあれば
遠慮なくどんなことでもお電話にてお問い合わせください。
082-928-1133(10:00-18:00 火曜定休)

――――――――――――――――

おまけ☆☆☆★
ミヤカグってどんなお店? 気になる項目を↓クリックしてみてください (HPに飛びます)
  
101_1538_20130821154154bbc.jpg  175_20130821154249992.jpg  20140410154802b6f.jpg



↓↓広島のインテリア・雑貨好きさんがたくさん登録されてます




ナチュラル家具Wood工房 | 【2014-04-17(Thu) 12:58:23】 | Trackback:(0) | Comments:(18)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。